札幌の高1自殺、母親が北海道を提訴 「顧問が一方的に叱責」 - じょうばん法律事務所 弁護士のブログ<茨城県取手市> 詐欺サイトと日々戦っています。
FC2ブログ

札幌の高1自殺、母親が北海道を提訴 「顧問が一方的に叱責」

ニュース記事はこちら





「パワハラ」と約8400万円の損害賠償求める

 2013年3月に札幌市の道立高校1年の男子生徒=当時(16)=が自殺したのは、部活内でいじめられていたのに顧問の男性教諭から一方的に叱責(しっせき)されたのが原因として、生徒の母親が1日、道に約8400万円の損害賠償を求める訴訟を札幌地裁に起こした。

 訴状によると、吹奏楽部に所属していた生徒は13年1月末、無料通信アプリLINE(ライン)で同学年の部員に悪口を言われてトラブルになったが、顧問は事情を知りながら生徒を一方的に叱責したという。

 生徒は市営地下鉄の線路に立ち入り、列車にはねられて死亡した。訴状で原告は「顧問が自殺の前日にも、他の部員の言い分をうのみにして生徒を叱責し、退部に言及するなど精神的に追い詰めた」として、適切に事実関係を把握するなど安全配慮義務を怠ったと訴えている。

 原告代理人の内田信也弁護士は1日に記者会見し、「亡くなった生徒への叱責は教員の地位を使ったパワーハラスメント。学校が自殺後に詳しい調査を怠り、情報提供を十分に行わなかったことも遺族を苦しめている」と述べた。母親は取材に対し「教師による言葉の暴力で、生徒が自殺に追い込まれる危険性があることを知ってほしい」と話した。

 道教委の秋山雅行総務政策局長は「訴状が届いていないため、コメントは差し控えたい」としている。

北海道新聞





事案としてはシンプルで、

・叱責の違法性の有無

・仮に違法となった場合には、叱責と自殺の因果関係

が主に問題になるでしょう。

叱責にもいろんな程度がありますから、これがタイトルにあるようなパワハラとも言えるレベルならば
違法性の要件は満たしそうです。
当時の叱責の状況とかちゃんとわかっているのかな。

2013年3月に自殺とあるので、消滅時効を意識してこの時期に提訴したのでしょうか。

請求額自体は、ある程度形式的な計算で算出されているものであり、ふっかけているものではありません。

学校でのトラブルに部活がからんでいること、本当に多いです。
部活自体はいいものだと思うのでしょうが、風通しとか休みのなさとか改善すべきだらけですね。
関連記事

コメント

非公開コメント