元巨人野村貴仁氏「俺が現役清原に覚せい剤渡した」 - じょうばん法律事務所 弁護士のブログ<茨城県取手市> 詐欺サイトと日々戦っています。
FC2ブログ

元巨人野村貴仁氏「俺が現役清原に覚せい剤渡した」

ニュース記事はこちら




覚せい剤取締法違反(所持)容疑で逮捕された清原和博容疑者(48)と巨人で一緒にプレーした元プロ野球選手野村貴仁氏(47)が、現役時代に清原容疑者に覚せい剤を渡したと証言した。日本テレビの「NNNストレイトニュース」などが9日、報じた。野村氏は06年10月に覚せい剤取締法違反(使用)の疑いで逮捕され、同罪で有罪判決を受けたことがある。

 96年のオリックス日本一に貢献した左腕は、変わり果てた姿で、ニュース番組に登場した。仙人のような長いヒゲにボサボサの長髪が工事用とみられるヘルメットからのぞく。日本テレビの記者の質問に体をゆらして、薄目がちになったり、目を見開いたり…。現役時代、違法薬物の仲介役をやっていたことがあったといい、同じく現役だった清原容疑者に覚せい剤を「渡したからや。渡したからや」と話した。

 野村氏は90年にドラフト3位でオリックスに入団。98年に巨人に移籍。自由契約となった01年まで4年間、清原容疑者と同僚だった。02年以降は大リーグなどでプレー。引退後の06年10月、覚せい剤取締法違反(使用)容疑で逮捕された。

 公判で野村氏は、現役時代、覚せい剤と同じく集中力や瞬発力があがる「スマートドラッグ」に分類されるアンフェタミン系興奮剤「グリーニー」を始め、その後、覚せい剤に手を出したと説明。懲役1年6月、執行猶予3年の有罪判決を受け、06年末に社会に戻っていた。

 野村氏が06年に社会復帰した後、清原容疑者から突然「探りの電話」があったという。記者の「何の電話だったのか?」との問いに、野村氏は「うとうてないか(供述していないか)。うとうてるか。うとうてるか。うとうてないか。僕が。警察に」。清原容疑者が電話で、野村氏が逮捕された時に、清原容疑者にも覚せい剤を渡していたことを供述したか、していないかを確認してきたという。

 ◆野村貴仁(のむら・たかひと)1969年(昭44)1月10日、高知県生まれ。高岡宇佐から三菱重工三原を経て、90年ドラフト3位でオリックス入り。中継ぎ投手として、95、96年のリーグ連覇に貢献。98年に木田と交換トレードで巨人へ移籍。01年オフに巨人を自由契約となり、メジャーに挑戦。02年ブルワーズで21試合に登板した。03年に日本ハムに復帰するが1年で自由契約。04年に台湾でプレーした。日本での通算成績は344試合24勝22敗39セーブ。現役引退後は地元高知へ戻った。06年10月、覚せい剤取締法違反の疑いで逮捕され、懲役1年6月・執行猶予3年の有罪判決を受けた。





薬物中毒の果てにはこうなるという好例でしょう。
ただ「薬物はダメ」というだけでなく、やったらこうなるというところまで示した方がいい。
小中学校で、タバコを吸い続けた人の肺の写真を見て衝撃を受けた人は多い・・・と思う。

私の中ではストライクが入らない自滅ノーコン左腕という記憶ですが、
メジャーでも投げたわけですし、野球選手の中では成功した部類のはず。

で、これだもんなぁ。
風貌が本当にすごい。

今回は野村氏が清原という名前を明言しただけで、同種の内容自体はすでに報道されたことがありましたね。
巨人時代からやってて、みんな知ってたというなら巨人の体質ってやばいでしょ。
薬物放置に、賭博、1億円などなど。
関連記事

コメント

非公開コメント