民事と刑事の被害者供述の扱いについて - じょうばん法律事務所 弁護士のブログ<茨城県取手市> 詐欺サイトと日々戦っています。
FC2ブログ

民事と刑事の被害者供述の扱いについて

こちらの記事を見て思うのですが、

刑事事件だと被害者供述メインで簡単に有罪判決が出ます。

他方で、民事事件だと本人の陳述書なんてほぼ信用されません。
信用されない、というか陳述書以外がないと認定しませんよね。

本来ならば刑事事件と民事事件なら、刑事事件の方が強く証明されなければいけないはずなんですが、
被害者の供述については明らかに刑事事件の方が簡単に信用された判断がなされていると感じます。

まぁ、一部の裁判官からすると、

「検察官が起訴してるんだから有罪なんだろう。」

と思う反面、

「一人の弁護士が提訴しただけだと認容かどうかわからん。わからんから棄却しよう。」

くらいのいい加減な判断能力しかないのでしょう。


というか、全体的に刑事事件の方が立証緩くないですか???
たま~に間接事実だけから有罪判決って聞きますけど、
民事事件だと書証オンリー、間接事実はほぼ無視って印象なんですが。
関連記事

コメント

非公開コメント