強姦罪被告に逆転無罪…県警のDNA鑑定に疑義 - じょうばん法律事務所 弁護士のブログ<茨城県取手市> 詐欺サイトと日々戦っています。
FC2ブログ

強姦罪被告に逆転無罪…県警のDNA鑑定に疑義

ニュース記事はこちら




鹿児島市で2012年、女性(当時17歳)を乱暴したとして強姦(ごうかん)罪に問われた男性被告(23)の控訴審で、福岡高裁宮崎支部は12日、懲役4年とした1審・鹿児島地裁判決を破棄し、逆転無罪を言い渡した。

 岡田信(まこと)裁判長は、鹿児島県警が行ったDNA鑑定は信用できないと指摘した上で、女性の供述についても客観的証拠と整合しないと判断した。

 裁判では、女性から検出された精液の鑑定が問題になった。14年2月の1審判決は、「県警の鑑定で、精液は確認されたが、DNAが微量で型は鑑定できなかった」という検察側の主張を認め、「精液検出は乱暴されたとの女性の供述を裏付けている」として、懲役4年(求刑・懲役7年)を言い渡した。

 その後、残りの試料を高裁支部が再鑑定したところ、昨年2月に精液のDNA型が被告と異なる第三者の型であることが判明。被告は同3月に保釈された。

 控訴審判決で岡田裁判長は、県警の鑑定について「技術が稚拙で、(DNAが)抽出できなかった可能性がある」との見方を示す一方で、「DNA型が検出されたものの被告の型と合わず、捜査官の意向を受けて鑑定できなかったと報告した可能性も否定できない」との疑いも指摘。県警職員がDNA溶液や鑑定経過を記したメモを廃棄していたと認定し、「鑑定の信用性に疑義がある」と述べた。

 女性については「(第三者との)事件直近の性交渉を隠すなどし、真摯(しんし)に供述していたか疑念を抱かせる」と指摘。合意の上で被告との性的接触が行われた後、何らかのトラブルが生じた可能性があるとして、強姦罪は成立しないと結論付けた。

 岡田裁判長はさらに、高裁支部の鑑定後に検察側が行った鑑定にも言及。「結果が有利に働く場合に限って証拠請求する意図すらうかがえ、訴訟法上の信義則に反し、裁判の公正を疑わせかねない」と批判した。

 被告は12年10月7日午前2時過ぎ、鹿児島市中心部の繁華街で、女性を近くの駐車場付近に連れ込み、乱暴したとして逮捕、起訴された。捜査段階から一貫して否認していた。

 福岡高検の中田和範次席検事は「検察官の主張が認められなかったことは遺憾。判決内容を十分に精査・検討し、適切に対処したい」とコメントした。





おっそろしい。

検察庁がやる気になれば、やってない人でも有罪判決をとろうと思えばとれるということです。
被害者の供述なんかめちゃくちゃじゃないですか。
これを信用して起訴しちゃった検察官のメンツを保つために、一人の男性の身柄を拘束したんでしょ。

>福岡高検の中田和範次席検事は「検察官の主張が認められなかったことは遺憾。判決内容を十分に精査・検討し、適切に対処したい」とコメントした。

適切な対処とは、退職とか担当検察官の処分ですかね???
それとも、無罪の男性への謝罪かな???
そうなら適切ですから、早くしましょう。
判決内容を精査するなら判決は受け入れるしかないですもんね。


ちなみに、弁護側鑑定をしたのは押田茂實という方で、私が法科大学院で法医学を教わった方です。
テレビでコメントしてましたね。

DSCF5446.jpg

これが教科書。おもしろいです。

DSCF5447.jpg

最後の授業後、先生にサインをいただきました。
あれは2008年か~~~。
関連記事

コメント

非公開コメント