<長崎中3自殺>「いじめが主因」町の第三者委報告書 - じょうばん法律事務所 弁護士のブログ<茨城県取手市> 詐欺サイトと日々戦っています。
FC2ブログ

<長崎中3自殺>「いじめが主因」町の第三者委報告書

ニュース記事はこちら




 長崎県新上五島町で2014年1月、いじめを受けていた町立奈良尾中3年の松竹景虎(かげとら)君(当時15歳)が自殺した問題を検証する町設置の第三者委員会(委員長・大谷辰雄弁護士)が「いじめが自殺の主要な原因」とする調査報告書を6日まとめた。町教委は「いじめが自殺の原因とは断定できない」としていたが、第三者委は同級生から繰り返し悪口を言われるなどして孤立感を深め自殺に至ったと判断した。

 第三者委は、3年時から学級委員を務め、授業中に積極的に挙手するなどしていた松竹君に対し、複数の同級生が「でしゃばっている」「死ね」といった悪口を繰り返したことなどをいじめと認定。松竹君は無料通信アプリ「LINE(ライン)」などで同級生に自殺を示唆することで助けを求めたが反応は乏しく、追い詰められていったと判断した。

 また、松竹君の同級生の間では、中学1、2年時などにも別の生徒へのいじめがあったのに学校側の危機感は薄く、自殺の約2カ月前には同級生が担任に「松竹君が悪口を言われて困っている」などの相談をしたにもかかわらず対処しなかったという。

 松竹君は3学期の始業式があった14年1月8日朝、自宅近くのグラウンドで首をつって自殺した。学校による同級生へのアンケートや聞き取りで、松竹君が同級生から「うざい」「死ねばいいのに」などの悪口を言われていたことが判明。松竹君は2学期半ばからラインで自殺を示唆するメッセージを何度も同級生に送り、一部の保護者も知っていたが、誰も学校や松竹君の両親に伝えなかった。

 町教委はいじめがあったことは認めたものの「自殺の原因とは断定できない」とし、町が15年1月に第三者委を設置した。第三者委は当時の同級生全員(3年生は1学級のみで21人)に聞き取りをしたほか、残されたラインの記録や松竹君が3年の夏休みに「空気」の題名でいじめをテーマに書いた作文などを検証した。【樋口岳大】


当たり前のことがようやく当たり前に認定された段階。

前にも書きましたけど、子どものいじめはエスカレートしてしまう傾向にあるんだから、
学校側が真剣にいじめ対策をすることで加害者が加害者にならずに済むということも期待できるんです。

学校がいい加減な対応をしたから、いじめ加害者どころか人を死に追い込んだ重い罪の意識を感じていくことになるんですよ。
しっかり対応すれば、被害者も加害者にとってもいいわけ。

この次は訴訟ですかね。
長期戦だとは思いますが、ご遺族の方の健闘を祈ります。
関連記事

コメント

非公開コメント