あえて法科大学院制度を擁護する 法科大学院制度のメリット - じょうばん法律事務所 弁護士のブログ<茨城県取手市> 詐欺サイトと日々戦っています。
FC2ブログ

あえて法科大学院制度を擁護する 法科大学院制度のメリット

法科大学院の募集停止や閉校があいついでいます。
巷では「法科大学院制度は失敗だった」と言われており、私もほぼ同意です。

ただ、今後法曹を目指す人は、原則としてこの失敗ルートに沿って行かなければならないわけで、
単に制度の批判だけをするのも法曹を目指す人にはかわいそうだし、
法曹を目指す人が減ってしまうんじゃないかという危機感があるのも確かです。

そこで、法科大学院経由の一人として、あえて法科大学院のいいところを挙げていこうと思います。
賛同が少ないのは覚悟してます。


1 法曹による直接的な教育を受けることができる

キュウシ、予備試験経由だと、なかなか現役弁護士、検察官、裁判官からの指導を受ける機会に恵まれないと思います。
仮にあったとしても、それは受験指導であって、将来の業務につながりそうな指導ではない。
(※仮に現役法曹が将来の業務に役立ちそうな指導をしたところで、受験生は司法試験対策にしか関心がないため、全然学ぼうとしないから意味がないのが実態だったりします・・・)
こういった教育は、法曹になる前にこそ受けることが大事なのであって修習で学ぶのでは遅い。

2 エクスターン、サマクラなどの機会が多い

法科大学院制度そのもののメリットなのかは不明ですが、
事務所に何日か行って仕事の場を直接見ることができるというのも大きいでしょう。
大変そうだから私は行きませんでしたけど・・・。
でも、やっぱり行っておけばよかったと思わなくはないです。

弁護士業務を始めてみて
「もっとあれを勉強しておけばよかった」
「こういう分野の仕事があるのなら、もっと早くから関心を持っておけばよかった」
と思うところが多くあります。
そういうのって実際の仕事を見てみないと気がつく可能性すらないですからね。

逆に実際の仕事を知りもしないのに、自分の希望の分野を狭く絞ってしまっている危険だってあります。
「企業法務やりたい!」と言っている人に多い傾向。

(※エクスターン、サマクラが法科大学院の中でどのくらいの割合で募集がかかっているのかは知りません。さすがに下位ローだとないのかな?そうだとすると、法科大学院制度全体のメリットとは言い難いですね。)


他に細かいところを挙げると、
仲間が多く得られる(※合格者を多数輩出する学校じゃないと、制度としてはあんまり意味がないけど)
模擬裁判できる(※やりたくなかったけど)
ってところですかねぇ。

うーむ、やっぱりインパクト弱いですね。

学校数しぼって学費をうーんと下げればだいぶマシになるんじゃないかな。
関連記事

コメント

非公開コメント