女性アナ内定白紙で提訴 日テレ争う姿勢 - じょうばん法律事務所 弁護士のブログ<茨城県取手市> 詐欺サイトと日々戦っています。
FC2ブログ

女性アナ内定白紙で提訴 日テレ争う姿勢

ニュース記事はこちら

うーん、難しいですね-。

内定を出した以上は、採用したのと同じように考えられますから、
内定を取り消すには解雇のように厳しい条件を満たす必要があります。

客観的に合理的で社会通念上なんとかって感じなんですけど、
要するに「常識で考えて、内定を取り消されてもしょうがないか」っていう具合です(相当、雑)。

このニュースについて見ると、女子アナとして内定を得た原告が、
「母の知り合いが経営するクラブで短期のアルバイトをしたことがある」
という点と
「セミナーで提出した自己紹介シートにクラブでのバイト歴を記載しておらず、虚偽の申告だ」

の2点が大事なポイントであると思われます。

女子アナはイメージが重要なので、クラブでバイトっていうのはそのイメージに反する、とでも反論するのでしょう。
こうなると、実際にバイトをしていた期間とか、本当にお手伝いだったのかとか、具体的な仕事内容などなど関わってきます。
そもそも、クラブでバイトしたことは女子アナのイメージに関わらないとなるかもしれないですけどね。

という感じでいろいろな事情を挙げていきながら、内定取り消しは妥当だったかどうかが争われることになります。

ちなみに、
日本テレビ側の代理人は出廷しなかったが、請求棄却を求めており、争う姿勢を示した。次回以降に具体的な反論をするという。
というのは、「おって主張する。」といった定型文だけを書いた答弁書が出てるという意味で、
これだけで「争う姿勢」が強く出たわけではありません。法律的な意味はおいときます。

「ごめんなさい、勘弁してください。でも分割にしてください。」
でも「争う姿勢」になり、答弁書上は同じ対応だったりします。
関連記事

コメント

非公開コメント

こんばんは。

週刊誌やワイドショーでも騒がれていますが、ホステスのアルバイトは凄く短期間ですし、社会性や人生経験を付ける為にも良い経験だったのでは?
マスコミは話題が無いのか、安部首相の不祥事や不況を誤魔化す為か大きく報道するんだろうと思います。
私個人としては今回の笹崎さんが日本テレビに内定して、バラエティーとか色々活躍して欲しいです。

Re: こんばんは。

社会勉強、人生経験としてクラブを選ぶのはどうなんだ、ということなんだろうと思います。
ふつーの飲食店でも、家庭教師でもなんでもいいはずですよね。
その中からなんでクラブを選んだんだということを、合理的に説明するのは難しくないでしょうか。

現にキャバクラなどに勤務していた人のことは、ニュースで「飲食店勤務」と表現されるように、
程度の差はあっても水商売であることを前面に押し出していくのは、マスコミにとっては難しい問題なのでしょう。

政治についてはそういうところもありますが、無関心層が多いので、仕方ないかもしれないですね。