被告、法廷で弁護人殴る 異例の暴行事件、立件へ - じょうばん法律事務所 弁護士のブログ<茨城県取手市>
FC2ブログ

被告、法廷で弁護人殴る 異例の暴行事件、立件へ

ニュース記事はこちら

自分を守ってくれる人を殴ってどうするのよ…。
殴るなら裁判官とか検察官を殴れよ、なんて口が裂けても言えませんが、
どんな事情があるにせよ味方である弁護士を敵対視したって何にも良いことないと思うんですけどね。

民事裁判でも、相手についた弁護士を敵として見る方が結構いますが、
弁護士は相手の言うことを法的に整理して主張する代理人です。あくまで代理なんです。
弁護士を敵対視し始めると、話がどんどん逸れていきますし、何にもプラスにならないので注意してください。

また、加害者を守る弁護士は、被害者からすればおもしろくないでしょうが、
時には賠償のために動くこともありますから、ここでも弁護士を敵対視したところでいいことはないわけです。
関連記事

コメント

非公開コメント