モロゾフ氏、安藤の出産知らなかった 父親説も完全否定 - じょうばん法律事務所 弁護士のブログ<茨城県取手市> 詐欺サイトと日々戦っています。
FC2ブログ

モロゾフ氏、安藤の出産知らなかった 父親説も完全否定

ニュース記事はこちら

ほとんど芸能ネタです。

多くの人が「父親はモロゾフなのでは・・・」と思ったのではないかと。
安藤選手は、まだ結婚はしておらず、いわゆる未婚の母、シングルマザーというわけですが、
これについて簡単に説明していこうと思います。

まず、結婚していない男女から産まれた子は「非嫡出子(ひちゃくしゅつし)」といいます。
そして、母は産んだ母となるわけです。
ここで父親がわかっていれば、父親は「同居者」となることが多いです。
正式に「父親」となるには認知が必要なわけです。
認知には、任意と強制の2つがありますが、ここでは詳しい説明は省略します。
認知をしなくても養育費を支払う必要はあります。
ただ、認知をしてもらわないと相続権はないので、認知というのは大きなポイントになります。
産まれた子は、住民票上は「子」と扱われます。

産まれた子の苗字ですが、母と同じ苗字を名乗るわけです。
安藤選手の場合には、安藤ひまわりという名前になりますね。
父の苗字に変更することもできますが、これには家庭裁判所の許可が必要となります。

親権者も母です。

モロゾフ氏の名前が挙がっているので、国籍にも言及しますと、
日本は血統主義というのを採用しておりまして、母が日本人であれば産まれた子も日本人となります。
父親と同じ国籍になるかどうかは、父親の国の法律の定めによります。
ですから、2つの国籍を持つと言うこともあり得るわけですね。
ただ、2つも国籍があるのはややこしいので、どちらか1つを選ぶという建前になっています。
関連記事

コメント

非公開コメント