裁判員の死刑、初めて破棄=完全黙秘の男、二審は無期―東京高裁 - じょうばん法律事務所 弁護士のブログ<茨城県取手市>
FC2ブログ

裁判員の死刑、初めて破棄=完全黙秘の男、二審は無期―東京高裁

ニュース記事はこちら

裁判員裁判で出された死刑判決を、高裁が「裁判員の判決は重すぎる」として、無期懲役にしたというニュースです。
ちょっと確認をしておきますと、
裁判員裁判というのは一審、つまり地裁だけで行われることになっています。

国民のスケジュールを縛って、大変な思いをさせて出した結論ですから、
控訴審である高裁は、裁判員判決を尊重しなければならないことになっています。
そりゃ、そうですよね。
ただ、被告人側からすれば、「それじゃあ控訴の意味がないじゃないか」とも思うわけです。

そして、本件では、裁判員判決の死刑判決を覆して無期懲役にした初のケースということらしいです。

一審で死刑判決を支持した裁判員は何を思うのでしょう。

よく読むと弁護側は無罪を主張ってありますね。何をもって無罪とするのかも気になるところです。


ニュースURL http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130620-00000063-jij-soci
関連記事

コメント

非公開コメント