仙台2歳児放置死 全裸で胃の中はからっぽ 母親、のり巻き1本置き外出 - じょうばん法律事務所 弁護士のブログ<茨城県取手市>
FC2ブログ

仙台2歳児放置死 全裸で胃の中はからっぽ 母親、のり巻き1本置き外出

ニュース記事はこちら




宮城県警仙台北署は1日、仙台市青葉区台原の飲食店従業員、土屋りさ容疑者(25)を保護責任者遺棄致死容疑で逮捕した。逮捕容疑は、2歳11カ月の長女陽璃(ひなた)ちゃんを3日以上にわたって自宅アパートに放置し、低体温症で死亡させたとしている。土屋容疑者はのり巻き1本だけを部屋に置いて外出したといい、陽璃ちゃんは死亡時、全裸で、胃の中がからっぽだった。

 同署によると、土屋容疑者は「(陽璃ちゃんを放置していた間)キャバクラ(勤務先)や知人男性の家に行っていた」と供述。泣きながら「育児に精神的に疲れ、一人になりたかった」「私が悪かった」などと容疑を認めている。

 同署によると、土屋容疑者は陽璃ちゃんと2人暮らし。1カ月ほど前に市内の別の場所から、1Kタイプの現在の部屋に転居してきたばかりだった。土屋容疑者は6月27日午前0時ごろ外出し、帰宅した同30日午前11時ごろ、居間で倒れていた陽璃ちゃんを発見。自ら「娘が息をしていない」と119番した。

 消防が駆けつけたとき、陽璃ちゃんは衣服やおむつなどをつけておらず、その場で死亡が確認された。部屋に冷蔵庫はあったが、中にも室内にも食べ物や飲み物はなく、のり巻きの包装フィルムが落ちていた。陽璃ちゃんが放置されていた28日深夜から29日朝、仙台市では最低気温16・6度が観測されたが、暖房器具は作動していなかった。

 発見時の陽璃ちゃんは目がくぼんでおり、体重は約8.6キロで、厚生労働省の調査(2017年)による3歳女児の平均体重13.9キロに比べて5キロ以上も軽かった。遺体に目立った外傷は確認されていないという。

 土屋容疑者は仙台市内の歓楽街にある飲食店に勤務。これまで県警や市児童相談所に土屋容疑者から相談はなく、近隣住民からの通報なども寄せられていなかったという。同署は恒常的にネグレクト(育児放棄)がなかったか捜査を進める。

 県警は1日午前、土屋容疑者の自宅アパートを現場検証。近くに住む女性は「(陽璃ちゃんは)孫と同じくらいの年齢。かわいそうに」と声を落とし、「私が引き取ってあげられたら良かった」とつぶやいた。【滝沢一誠、藤田花】




なぜ保護責任者遺棄致死?

殺人でしょ。
どこをどう考えたら殺意がないってなるのかな?

大阪2児餓死事件は殺人容疑で逮捕、起訴されて懲役30年だよ。

だから殺人罪で起訴すること自体は全く変なことじゃないです。

逆にほとんどのケースで殺人罪で捜査しないなら、
大阪の事件の被告人だけが殺人罪で起訴されていることが気の毒でさえある。
関連記事

コメント

非公開コメント