三つ子の次男を死なせて実刑判決を受けた母に、執行猶予を求める署名が2万を突破。当事者が語る共感の理由 - じょうばん法律事務所 弁護士のブログ<茨城県取手市>
FC2ブログ

三つ子の次男を死なせて実刑判決を受けた母に、執行猶予を求める署名が2万を突破。当事者が語る共感の理由

ニュース記事はこちら

記事が複数ページにわたるので、コピペは省略。

要するに、

このお母さんは大変だったんだから同情できる。殺したとしても実刑は重すぎる、という意見が多く集まっているという記事。


なんでこういうときだけ被害者目線を忘れるのかな。
人生を奪われた被害者本人や兄弟はどう思うだろう。

普段の虐待案件だと、散々子どもの将来を奪っただのなんだの言うのに記事の事例はそういった視点から意見されていない。

罪を償いながら子育てって、他の子が同じように殺されたらどうするんだろう。
他の事件では刑務所に送れって言ってるくせに。



「彼女は『特別』ではない。なぜ虐待死をさせてしまうほど追い詰められていったのか、よく分かる」と訴える直島さんに取材した。(中村かさね/ハフポスト日本版)


という意見が書かれているけど、子育てに不満で虐待するっていうのはむしろ普通のケースでは?


薄っぺらすぎて署名を提出される裁判所が気の毒になる。
関連記事

コメント

非公開コメント