<豊田議員の暴行疑惑>死んだ方がましと思った時期も 豊田氏が陳謝、議員継続へ 恥さらすことが償いに - じょうばん法律事務所 弁護士のブログ<茨城県取手市>
FC2ブログ

<豊田議員の暴行疑惑>死んだ方がましと思った時期も 豊田氏が陳謝、議員継続へ 恥さらすことが償いに

ニュース記事はこちら




元政策秘書の男性に暴言を浴びせ、暴行を加えたなどと週刊誌に報じられ、自民党を離党した豊田真由子衆院議員(42)=埼玉4区、現在2期目=が18日、埼玉県新座市内で今年6月の騒動後初めて記者会見し、陳謝した上で「恥をさらすことが償いにもなる」と議員活動を続ける意向を示し、次期総選挙に出馬する意欲を示した。

 豊田氏は同日、議員活動を続ける意思を伝えるため、地元で後援会の会合を開いた。会合後、約3カ月前に週刊誌に報じられてから初の記者会見では、時折涙ぐみながら謝罪した。

 元秘書への暴言があったことを認め「(報道後は)最初は生きていくのも恥ずかしいというか、死んだ方がましではないかと思った時期もあった」と話す一方、暴行については「報道とは違うことがある。捜査の過程で明らかになると思う」と述べた。

 その上で「解散総選挙を考えて後援会の集まりを開いたわけではない。あくまで地元に戻ってくる第一歩。引き続き地域のため、国のため、世界のために働ける仕事をやらせてもらえるならやらせていただきたい」と強調した。





こういう風に加害者が被害者面する人、本当に多い。
関連記事

コメント

非公開コメント