実の娘を連れ去った疑い、父ら5人を逮捕 離婚調停中 - じょうばん法律事務所 弁護士のブログ<茨城県取手市>
FC2ブログ

実の娘を連れ去った疑い、父ら5人を逮捕 離婚調停中

ニュース記事はこちら



実の娘2人を連れ去るなどしたとして、福岡県警は17日、父親で仙台市太白区長町7丁目の自称会社員笠村道亮容疑者(40)とその両親ら計5人を未成年者略取と未成年者略取未遂の疑いで逮捕し、発表した。笠村容疑者は妻と離婚調停中で、「母方の両親と話した上で連れ帰るつもりだった」と容疑を否認している。

 八女署の発表によると、笠村容疑者らは共謀し、16日午後2時40分ごろ、福岡県八女市の妻の実家で、長女(5)を車に乗せて連れ去り、次女(1)を連れ去ろうとした疑いがある。

 他に逮捕されたのは、笠村容疑者の両親の無職笠村和男(73)=大分県中津市加来=、無職笠村敏江(69)=同=の2容疑者と、敏江容疑者の弟の宮本洋幸容疑者(66)=福岡県吉富町別府=、妹の宮本久美子容疑者(59)=大分県国東市武蔵町糸原。

朝日新聞社




離婚案件のおける理不尽ナンバーワンの事例ですね。

有責配偶者(本件がどうかは措きます。)側の母が、子どもを連れて強引に別居開始すると親権者の判断に有利になるのに、
他方の配偶者がそれを取り戻そうとすると逮捕されてしまうし、親権者の判断においても全然有利にならない。

つまり、親権に関する案件は母親側が圧倒的に有利ということです。

有責配偶者側に子どもを連れ去られることほどの理不尽はないです。

家裁が短絡的に母親優先だとか現状維持って理屈で、母親に親権を渡すのがよくないんですよ。
完全に思考停止してる裁判官もちらほらいます。

有責配偶者であることは親権者の判断においても、一定程度マイナスに評価するべきだと思います。
勝手に離婚事由作るなんて、子どもから親を奪う虐待行為のようなものでしょう。
それなのに何の支障もなく親権とるなんて理不尽もいいとこ。

しかもそれで面会交流とかさせてくれないんだよね・・・。

「母親側が不貞して、子ども連れて実家帰って、二度と子どもには会わせません。」

これを追認しているような家裁はおかしいとおもいまーす。
関連記事

コメント

非公開コメント