司法試験攻略法 商法編 - じょうばん法律事務所 弁護士のブログ<茨城県取手市>
FC2ブログ

司法試験攻略法 商法編

商法ってより会社法ですね。

1 数字に注目
 株式数、株主数、株の価格、役員の人数などの数に注目する。
何かしらの意味が与えられていることが多い。
定足数、裁量棄却あたりのあてはめに使います。


2 条文命
 全科目条文は大事ですが、特に商法では条文が大事。
というより、科目に対する受験生の勉強のレベルが低い科目なので、
条文に頼らざるを得ない。
問題となる条文さえわかれば1つずつ要件と検討していくにつきます。


3 状況の違いを生かす
 取締役A・B、監査役C・・・への責任追及と出題されたら、それぞれの状況が違うはず。
違いに気づいていますよーと答案にはっきりわかるように書く。
このとき「取締役ABについて」とまとめて論じるのはNG。


4 難しい問題はみんなできていない。
 2で書いたとおり、会社法はみんな大してわかってません。
反面、難しい出題があるので、その設問の回答レベルは壊滅的です。
まぁ、これに関して言えば全科目にあてはまるんですけどね。
関連記事