AV出演拒否で女性に賠償請求 提訴の弁護士「懲戒審査相当」 日弁連異例の決定 - じょうばん法律事務所 弁護士のブログ<茨城県取手市>
FC2ブログ

AV出演拒否で女性に賠償請求 提訴の弁護士「懲戒審査相当」 日弁連異例の決定

ニュース記事はこちら

記事は複数ページにまたがるのでコピペは割愛します。

これはひどいです。

懲戒相当という結論がです。

いくらわいせつ物とはいえ、社会にAVというものが存在していることは否定しようがないんだし、
それを生業にしている業者も女性もいるわけでしょ。

そんな中、出演契約をしてそれを拒否されたら、損害は観念できるはず(訴訟は、解除の都合の是非のようだけど)。

とにかく「損害が発生したから払え」と求めること自体に何の問題もないと思う。

相談、依頼をされてもそれを断れっていうのひどすぎでしょ。

この日弁連の決定は、かなりずれてる。
前にも書いたけど、弁護士の倫理が最近厳しすぎます。
依頼者より相手に配慮するような結論ばっか。
相手にとって不当だから倫理に反するとか、馬鹿すぎる。
関連記事

コメント

非公開コメント

ただ、こう言ってはなんですが、AV業界は闇金や振り込め詐欺と同じで特殊詐欺の一つで、デタラメな契約書を盾に、撮影を断った女性に多額の違約金を請求するケースが多発しています。

これは、恫喝目的であり、性的人権に関わる問題です。
このような弁護を受任する弁護士には当然、弁護士職務基本規程14条・31条などが適用されるべきだと思います。

弁護士は社会正義の実現も目的にしているので、逆にこれを懲戒処分しない場合は、社会正義を放棄したと言えるでしょう。

依頼者の利益も大事ですが、本当に依頼者の利益を考えるならば、弁護士職務基本規定29条にあるように、見込みがないことを告知しなければなりません。

業者がそれでも、提起したというならば、やはり恫喝・威圧目的の訴訟であり、日弁連・弁護士会はきちんと処分しなければなりません。

逆に、この決定が疑問がある方々は弁護士倫理及びAV業界の実態、そして女性の人権を理解していないし、軽視しているように思えます。

逆に弁護士会がきちんと、懲戒相当と決議しないことの方が私は疑問です。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです