「体罰なし、回答を」=中学部活で保護者会要求―兵庫 - じょうばん法律事務所 弁護士のブログ<茨城県取手市> 詐欺サイトと日々戦っています。
FC2ブログ

「体罰なし、回答を」=中学部活で保護者会要求―兵庫

ニュース記事はこちら

体罰があったと回答すると、教師に迷惑がかかるから、そういう回答を封じ込めたというニュースです。
そんなことをするってことは、体罰があったことを認めているのと同じですね。
暴力行為(犯罪)があったにもかかわらず、それを看過してでも、先生は守られるんですねぇ。
暴力行為(しつこいですが、犯罪です。)を是とするような大人が、
教育の場に積極的に声を上げていることがおそろしいです。
健全な教育など達成できないでしょう。
悪いことをしても許されますよ、気に入らないことがあると暴力を振るってもいいんですよと、
ひけらかしているようなものです。

そもそも、子どもが暴力の被害者側になると、
・じゃれあってただけ
・因果関係はない
などの方便で黙殺されるのに、

教師が暴力行為の被害者側になると、すぐに警察を呼ぶんですよね。
教師が警察を呼ぶことを批判しているわけではなく、
守られるべき子どもが守られていないことを批判しているのです(念のため・・・)。

体罰のせいで転校や退学までしている生徒もいるというニュースもありますが、

体罰映像ニュース

体罰を理由に退学、転校?

生徒の人生まで変えてしまっているわけですよね。
ホント、犯罪被害者になってしまってるじゃないですか。
これで加害者を擁護しようっていう動きがあるんだからおそろしいことです。

これは実体験ですが、私も体罰教師は複数見ました。
おそろしいなんてものではありません。
何せテキトーに殴りまくる教師だっていましたからね。
しかも、体罰教師の1人は教育委員会に行きました。そりゃ、体罰がなくならないわけだ・・・。
関連記事