弁護士と事件の途中から契約すること - じょうばん法律事務所 弁護士のブログ<茨城県取手市>
FC2ブログ

弁護士と事件の途中から契約すること

弁護士費用を節約しようとするために、
できるだけ自分で進めていって、どうにもならないと思ったときに初めて契約すればいい、
とお考えになる方がいます。


はっきり言います。

これは間違いです。

まず、弁護士にとっては案件の途中から受任するというのはとっても嫌なものです。
それまでの経緯がわからないし、下手すりゃ受任前にこちらが不利になることをばんばん言ってるかもしれない。

しかも、調停とか訴訟だとそれまでのやりとりを把握することも難しい。

というわけで、途中から受任するってのは最初から受任するよりも大変です。


こんな理由から、途中からだからといって弁護士費用が安くなることもありません。
むしろ高く見積もる理由にさえなります。

弁護士に依頼するなら最初から。

鉄則です。
関連記事

コメント

非公開コメント