死亡事故ほど弁護士のところにたどり着きにくい - じょうばん法律事務所 弁護士のブログ<茨城県取手市>
FC2ブログ

死亡事故ほど弁護士のところにたどり着きにくい

交通事故案件は、もっとも弁護士が介入する必要性が高い案件といってもいいほどですが、
残念ながら実際に弁護士に委任できている方は非常に少ないと思います。

というのも、死亡事故では弁護士のところになかなかたどり着けない理由が多くあるのです。

・死亡のショックで金銭賠償のことまで頭がまわらない


・しかも保険会社から提示される金額がぱっと見では十分高額に感じる


・人が亡くなって得る金銭を多く受け取ろうと交渉するなんてみっともないと感じる


・相続人が複数いると、誰が代表になるかでもめて額の話にならない


・加害者の刑事処分の方のみに関心が移ってしまう


・そもそも弁護士に委任すると増額することを知らない(これは死亡案件に限ったことではありませんが)


ざっと思いつくだけでもこれだけのハードルがあります。

どれもかなり高いハードルです。

しかし死亡案件となると弁護士介入の有無で、うん百万はもちろん、1000万、2000万の増額さえあります。

近くに死亡事故の遺族がいた場合には、弁護士に依頼するようにそっと勧めてあげてください。
きっといい結果になります。
関連記事

コメント

非公開コメント